読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほわいとぼーど

ぷろぐらまのメモ帳

第3回elasticsearch勉強会 [2014/02/07(Fri.)]に参加してきました

http://elasticsearch.doorkeeper.jp/events/7491

メモって即UP満々な気で行って英語で挫折して何もメモらなかったので、
記憶を頼りに感想を書きます。


①「Geohashing with Elasticsearch」Florian Schilling, Elasticsearch Inc,

GeoHashという単語を始めて知ったほどに情弱でしたが、
場所検索をどうやって行っているか、ということは何となくわかったような。
マイクトラブルはありましたが楽しく話してもらえたので
また何か話に来てもらえるといいですね。
どれだけ聞き取れたか、、、という意味では皆無に近いかも。

②「AWSで構築するsharding」株式会社イプロス 外山 寛さん @toyama0919
http://toyama0919.bitbucket.org/elasticsearch.html#/

実際にProductionで使ってみて、という話。
相野谷さんもですが、AWS上での事例が出てくるのありがたいですね。
ec2pluginを使えば簡単とのこと。
Indexingにlogstash formatを使うかどうかという議論があって、
routingの特性も含めてIndexは1つにした方が良いのでは?という話でした。
データは100GBということでしたが、データ量がもっと多くなった場合にどうなるかですね。
pixivさんのsolrの事例で高速化のためにIndex分割する話があったので、
いずれ再Indexing必要になるのなら最初はlogstash formatで
後で適宜統合、、とか妄想したけど私は検索扱った事無いので妄想止まり

③「テスト駆動検索のススメ」株式会社じげん 多田 雅斗さん @tady_jp

検索でもTDDしような話
検索の仕様を最初からちゃんと設計できるのか?みたいなのもありますが、
仕様変わったら再Indexingになる可能性を考えても、
少なくとも現状を明示して検証できるのは非常に有効そうです。
検索も色々種類あるんだなーってわかって面白かったです。

④「MySQLユーザ視点での、小さく始めるElasticsearch」株式会社リブセンス 吉田 健太郎さん @yoshi_ken

MySQLからElasticsearchにデータレプリケーションするYamabiko中心の話。
検索用なんかでデータを入れるときに、
最初から分岐して平行で入れてる(絵がそうだけかもしれないが)例をよく見る気がするけど、
YamabikoだとMySQLに入った結果から連携する形になるので、
運用面でどういう違いがあるのかなーとか思ったり。
思っただけどまり。
単純にサービスにもよるのかもしれないですが。

⑤「nodeJS+DynamoDB+Elasticsearchで全社基盤を作った話」株式会社リクルートテクノロジーズ 相野谷 直樹さん @naokiainoya

スマホアプリに各種条件でPUSH通知するための全社基盤を作った話。
条件検索でPUSH対象のデバイスを一覧で返す。使い方が割りと独特。
ただこれってGeoHash検索に通じるような所が実はある気がする。
スキーマレスな部分を多様な条件登録に使っているということでした。
いろんな種類のユーザを全社共通でもっているリクルートさんならでは。
scanというAPIは正直知らなかった情弱です。
MultiAZでAutoScalingしているってのは興味深いです。
メインはあくまでDynamoなのでということでしたが、
今後、障害対策や運用系の知見が出てくるといいなぁと思いました。
あとキュー使うのもポイントなのかなーと思ったりも。


自分はKibanaとしてしか使ってないので今回はかなり検索メインでしたが、
クラスタ運用面なんかは実例が多数出てくると参考になりますね。
第4回は4/21だそうです。