読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほわいとぼーど

ぷろぐらまのメモ帳

Flare Clientツールいじった

flare client

Flareのデータを急遽触ることになって、

それも0の値を1に入れ替える程度の作業じゃなかったので、

JavaのClientを持ってきて使ってツールを書いた。

 

最初は「Memcached-Java-Client」のを利用していて、

https://github.com/gwhalin/Memcached-Java-Client

やりたい事(set/get)はほぼそれで事足りていたのだけれど、

Flareのdump_keyコマンドが便利だったのでそれも入れたくなって、

java-flare-client」(https://github.com/kikumoto/java-flare-client

に手を入れてみることにした。

 

FlaredClientクラスにdumpKey()メソッドを追加した。

、、、とか言ってココにソースを貼ろうと思ったが長い上にインデントが死んだので割愛。

 

dump()メソッドを真似して、投げるqueryとresponseの型を調整した

だけのことなので、大したことはしていない。

テストとか書いてないのでpushしようとか高尚なことは考えていない。

今の所は特に問題ないように思える。

 

ところでFlareのコマンドは何となく命名が合わない気がしている。

Clientの接続なのに pool.initialize() だったり、

(→接続したいだけなのに初期化されないよな・・・?とか)

flushがメモリ開放だったり、、、

(BufferReader.flush()のイメージから書き込みかと、、、)

まぁ自分が浅いだけだと思いますね。

 

syncのつもりでflush_allしたのはいい思い出としておきます。orz